山古志のゴハン

山古志ごっつぉ多菜田(たなだ)の美味しいメニューを食べる!

多菜田定食の煮物コース

新潟県長岡市山古志にある地元のお母さん方が切り盛りする農家レストラン「山古志ごっつぉ多菜田(たなだ)」。山古志の新鮮な食材を使った定食、そして緑色のカレー!?このレストランの魅力をご紹介します!

「山古志ごっつぉ多菜田」の正面

1.山古志ごっつぉ多菜田とは?

牛の角突き、そして錦鯉発祥の地として知られている新潟県長岡市にある「山古志」に、とある激ウマなレストランがあることをみなさんご存知でしょうか?

山古志の虫亀(むしがめ)という地域にある「山古志ごっつぉ多菜田(たなだ)」は、地元のお母さんたちが切り盛りする、美味しい地元食材を提供してくれるお店。長岡駅から車で約20~30分で到着できる山の中のレストランです。

「山古志ごっつぉ多菜田」の外観

山古志には「棚田」という山間での伝統的な稲作文化が残っており、そこで採れる地元で愛情込めて育てられたお米や、畑の野菜をふんだんに使った料理を楽しむことができます。提供される料理は新鮮な野菜・山菜の天ぷらや、大切な行事には欠かせない煮物などの定食。素朴でシンプルですが、毎日食べても飽きない山古志のごっつぉ(ごちそう)を頂けます。
秋にはさつまいもの天ぷら、里芋の煮物も食べれます。中でも「アマンダレ」というキノコは、地元でも大人気な食材で、ここでしか味わえない美味しさです!四季を通じて自然豊かな地、山古志の恵みをたっぷり味わえます。

2.立ち上げの経緯

このお店ができたきっかけは、中越大震災です。2004年に起きた新潟県中越大震災は、山古志に大きな被害をもたらしました。山古志は大きい被害を受けましたが、、全国の多くの皆様から応援、支援をいただき復活。その恩返しとして、この虫亀地区でお母さん方が「明るく楽しく暮らす様子をみなさんにお見せできれば、それが一番の恩返しとなるのではないか」と思い、このレストランを立ち上げたそうです。
現在では、県内外から訪れたお客様の憩いの場となっており、これからも山古志のごっつぉ(ごちそう)を作り続けていきます!

3.メニューについて

訪れたお客様をしっかりおもてなしできるように、メニューも豊富にあります。どれもこれも全て手作り。食べる前から、お母さんたちが作る料理のいい匂いでお腹がぺこぺこになります。お子様連れも、年配の方でも山古志のごっつぉを楽しめる時間を過ごせますよ!

「山古志ごっつぉ多菜田」のお食事メニュー

「山古志ごっつぉ多菜田」の飲み物・デザートメニュー

おすすめは、なんといっても「多菜田定食」!数に限りがあるので、売り切れに注意が必要な人気メニューです。
「多菜田定食」には「煮物コース」と「天ぷらコース」があります。どちらも、その季節の新鮮で旬な食材を使っています。。

まずは、煮物コースの料理を食べてみました。

多菜田定食の煮物コース

料理が運ばれてきて、まず驚くのはお盆に載る品数の多さ。これは、お腹も心も満足になれる量ですよね。煮物には、しいたけ、ぜんまいなど、たっぷり。おいしい出汁がしみ込んでいて昔懐かしい一品でした。かぐら南蛮味噌、漬物など小鉢も充実していて大満足です。
続いて、天ぷらコースを食べてみましょう。

多菜田定食の天ぷらコース

さくさくな山菜の天ぷらを、風味豊かなつゆに食べると、山菜の旨みと浸けたつゆと衣のおいしさが口いっぱいに広がりました。お味噌汁との相性も良く、季節ごとの旬な食材を天ぷらにしているので、やみつきになる定食です。
ご飯はもちろん山古志の棚田で収穫したコシヒカリです。みなさんもお気づきの通り、多菜田の由来は、山古志の伝統的な稲作「棚田」からきています。農家さんの愛情とうまさがぎっしり詰まったを味わってください!

4.緑色のカレー!?山古志かぐら南蛮カレー

そしてもう一つ、意外な料理もありました。。。
まずは、こちらの写真をご覧ください。

山古志かぐら南蛮カレー

なんと、緑色のカレーが!?
こちらのカレーは、山古志特産唐辛子の一種である「かぐら南蛮」を使った「山古志カレー」です。この緑色もかぐら南蛮特有の色で、スパイシーでこくのあるカレーとなっております。見た目は驚きですが、とてもおいしい。山古志のおススメの一品です!
作り方も豪快で、大きい鍋で調理します。緑の色が強烈な印象ですね!(笑)

調理中の山古志かぐら南蛮カレー

5.山古志ごっつぉ多菜田の詳細情報

営業時間が短いのと、人気のあるレストランなので、是非とも早めにご来店いただき、「山古志ごっつぉ多菜田」の料理をご堪能ください。みなさんが山古志、そして農家レストラン「山古志ごっつぉ多菜田」に足を運んでくれることを、山古志のお母さん達は楽しみに待っています。

「山古志ごっつぉ多菜田」スタッフの皆さん

お店の名前:山古志ごっつぉ多菜田
住所:長岡市山古志虫亀947
電話番号:0258-41-1144
営業時間:11時~14時
定休日:月曜・木曜
駐車場:6台

野中 大輔

新潟県長岡市宮本町出身。長岡高専専攻科在籍中は、有機系太陽電池の研究に取り組む。卒業後、大手産業機器メーカーのIoT機器設計部にて、制御機器の開発設計に従事。退職後、ご縁があり、新事業の立ち上げメンバーとして、山の暮らしを満喫しながら山古志の情報を発信中。IoT関連の知識で、新しい事業を生み出していきたい。趣味はフットサル・読書。
https://www.facebook.com/daisuke.perm